ANAダイナースカードの詳細と申込み〜ゴールドカードナビ

ANAダイナースカードのポイントを解説!

ANAダイナースカードANAダイナースカード

マイルがどんどん貯まるダイナースカード!

ステータス抜群のダイナースカードでANAのマイルが貯められる、マイラーにうれしいANAダイナースカード。ANAの飛行機に乗るだけで、通常マイル+25%のボーナスマイルが貯まる上、獲得したマイルの有効期限もなし!ポイントからマイルへの移行も手数料無料でステータスと使い勝手を同時に備えたクレジットカードです。

ANAダイナースカード、ここがポイント!

ANAダイナースカードは抜群のステイタスのダイナースクラブカードにANAマイルを貯める機能をプラスしたカード。基本的な利用条件はダイナースクラブカードと同じです。ダイナースカードの最高級ステイタスに、マイルが貯まるという実用的な価値も兼ね備えた最強のカードとの評価が高いです。

利用限度額に制限がなく、 24時間体制の日本語サポートデスク、予約が難しいレストランなどもダイナースクラブ会員であれば優先的に予約できるなど、ダイナースクラブカードならではのサービスに加え、ANAダイナースカードではカードを利用してANAの飛行機に乗るだけで、通常のフライトマイル+25%のボーナスマイルがもらえます。

また、ANAだけでなく、スターアライアンス加盟航空会社のフライトでもマイルが貯まり、さらに年会費の支払いで毎年2000マイルの継続ボーナスがもらえます。

カード利用で貯まったダイナースクラブポイントは永久不滅ポイントで、手数料無料でマイルにポイント移行できます(1p=100マイル)。マイルの貯めやすさから、ダイナースクラブカードからANAダイナースカードへ切り替える会員が続出しているという噂もあるほどです。

ビジネスでのカード利用が多い方は、ビジネス・アカウントカードを利用することでビジネスで利用した分のポイントも個人用のカードに貯めることができます。

ANAダイナースカードはこんな方におすすめ!

  • 本物のステータスを持つクレジットカードが欲しい方
  • 国内・海外問わず飛行機をよく利用する方
  • マイルを貯めている方
  • ビジネスでのカード利用が多い方

ANAダイナースカード 基本情報

ANAダイナースカード 年会費 限度額 海外旅行保険 ショッピング保険
21,000円 制限なし 1億円 年間500万円
主な特典

空港ラウンジ、24時間日本語サービス等

入会条件

ダイナースクラブ所定の審査があります。

ANAダイナースカードのポイントプログラム

プログラム名 移行可能ポイントプログラム
クラブポイントプレゼント 10P=1000マイル:ANA
10P=1000マイル:ワールドパークス
10P=1000マイル:アメリカン航空
10P=1000マイル:ユナイテッド航空
10P=1000マイル:アリタリア航空
10P=1000マイル:タイ国際航空
100P=10000P:ヒルトン
150P=7500P:スターウッド
ポイント還元
10,000円=1p
有効期限
有効期限なし
ボーナスポイント
入会ボーナスでANA2000マイルプレゼント。ANAグループ搭乗で区間基本マイレージから25%アップ。年会費の支払いで継続ボーナス2000マイル!

ANAダイナースカードはANA便の搭乗はもちろん、スターアライアンス加盟航空会社のフライトでもマイルが貯まります(ユナイテッド航空、シンガポール航空、ルフトハンザ航空、エアーチャイナ等)。ANAの利用は通常マイルに加え、25%のボーナスマイルを獲得できます。

お食事やお買い物など、通常のカード利用でも有効期限なしのクラブポイントを貯めることができ、1ポイント=100マイルでいつでも好きな時にマイルへ移行できます(移行手数料無料)。年会費を払った翌月末に加算される2000マイルの継続ボーナスもお得です。

通常で年間4,200円かかるマイル移行手数料が無料なのと、毎年継続ボーナスで2000マイルもらえることを考えると、実質の年会費は15000円程度と考えてもいいでしょう。国内・海外を問わず飛行機に乗る機会が多い方には相当お得なクレジットカードです。

ゴールドカードナビ > ゴールドカード一覧 > ANAダイナースカード